読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のこと


こんにちはこんばんは、依炉です。



10ヶ月ぶりの春休みが始まって2週間。

課題とかそんなもんないので暇かと思いきや、そういうわけでもなく。


2泊3日のサークル合宿もなんとか終わり、写真の整理とお金関係の後始末をしたり。



けれど、やっと少しぐでーんとできる時間が増えた。


やっと読みたかった本たちを読める。



昨日買った本の中に、はあちゅうさんの「真夜中にシュークリーム」というエッセイがありまして。


今まで、小説や漫画は割と読んでた。


浪人中には、「現代文の感覚を取り戻す」という言い訳をして、読みたい欲に負けて、有川浩さんの図書館戦争シリーズの文庫版を読んだ。

予備校と家での勉強時間は減らさなかったけれど。

それでも、1ヶ月で6冊読み切った。


それだけじゃない。


川原礫さんのソードアートオンラインの6巻まで、貴志祐介さんの青の炎、桜庭一樹さんの少女には向かない職業シェイクスピアハムレット東野圭吾さんのプラチナデータ成田良悟さんのデュラララ!!1巻、たぶん海堂尊さんの本もいくつか読んだ。

今手元にない本もある。

4月から9月10月までで、かなり読んだ。


実際、浪人生のときのセンター試験の現代文は96点取れたし、たぶんそのおかげで今の大学にいるから、良しとしよう。


こんな感じで、小説は読んできた。

漫画はもっと冊数持っている。


ただ、エッセイというのに手を出したことがなかった。

読んだことがあるのかもしれないけど、エッセイということを意識して読んだことはなかった。


元々、はあちゅうさんが書かれる言葉たちが好きだった。

本という自分が大好きな媒体になっているからか、より好きになった。



自分はよく、物語の中の人物に感情移入しすぎたり、物語に感化されたりする。


口調とか、仕草とか、言葉の使い方とか。


真夜中にシュークリームもまだ読みかけだけれど、たぶん今、感化されている。



すこし嬉しいような、うーんというか。

いいのかな?


感化されている瞬間は楽しいから、これも良しとしよう。





話がずれるけれど、今の大学のこともすこし。


大学では一応、心理学、特に児童心理だったり発達心理だったりをメインでやっている。


児童心理専攻してるのは、子どもが身内にまだいるし、小さいころから保育士になりたいと言っていたことも関係しているんだろうなあ。


ただ、心理学を学ぼうと今のところにきた理由は違う。


自分のメンタルの異常性を認識していたから。


書き出さないし、それすらちゃんと受け入れられていないから書き出せない。



自分の異常の原因は何か、知りたかったんだとおもう。


もともとの自分、家族、親、兄弟、友達、先生、自分の行動、周りの行動、

何がどうしてこうなったのか、知りたかったんだとおもう。



でも、だんだんと自分の異常に名前がつけられるようになって、異常一つ一つのことを知り、異常に向き合わなきゃいけないことが、最近すこし、辛いような、楽になってきたような。


っていう話を友達としてましたね。


すこし症状とか過去のこととか話したんだけれど、たぶん近い症状なんだとおもう。



今日も、新しい自分の異常というか、傾向に気づいた。


そろそろクリニックに行くなりして、名前をつけてもらいたい。


それに甘えそうでこわいけれど。


治療したいし。




ようし、こんなもんにしよう。おわり。


1時間くらいかけて長々書いた。



もう2時半ですって。

寝ましょう。

また明日がんばりましょう。



f:id:iro_iro25:20170218023439j:plain



合宿たのしかったね。

乗り切った自分、えらい、おつかれさま。








最後の日



風邪ぶり返してます。


一昨日あたりからまた龍角散が手放せないです。からんからん。



1時間2時間とかで2度くらい体温違ったりします。


変温動物なのかもしれない。



そんなわけあるか。




今日は本当に何もない日でした。


6時半くらいに一回起きて、何回か寝て起きてを繰り返して14時くらいに起き上がって、何かお腹に入れて薬飲んで、またゴロゴロしてアニメ見て本読んで、みたいな。


勉強しなきゃいけないんだけど、たまにはこういう日が必要なんです。



いらない情報が入ってこない日。

欲しくない情報がない日。



情報過多にならないように。



借りてた本を、ようやく読み始めました。


自分の本でもまだ読めてないのあるけど。




そんな感じでした。




今日はハタチ最後の日でした。







2017年のテーマ



2017年のテーマは今のところ、

「自分が面白いと思ったことは優先的にやっていく」

です。


深夜にちょっと真面目に考えました。

つらつらと書いていきます。




自分はよく、

本当に面白いとか楽しいとか思ってないとやる気ゼロなんだな

と思います。


好奇心が相当偏ってるのかな、ともおもいます。


サークルで曲の練習とかしてると実感します。

自分がやりたかった曲の練習は、めっちゃ合わせるの楽しいし、個人練も他の曲よりやります。

でも、他の人から誘われた曲はやっぱりモチベーションが低めです。どんなに好きな先輩とやれる曲でも。面白くないんです。なんでか。


こういうところです。

 有り余るが偏っている好奇心。



そんな私ですが、今年の4月から大学3年生です。


ゼミでも、後輩が入ってきます。いまの3年生が引っ張ってたところを、今度は引っ張る立場になります。


サークルでは、11月から本格的にサークル運営のトップのほうで動いてます。3年生になってからもっとやることが増えます。運営もあり、3年だけのライブがあり。

冬合宿が増え、仕事も増えます。


バイト先①は、5月で働き始めて2年になります。今の4年生がいなくなります。3年生の先輩はいないので、新人の教育係が私たちの代になります。

私はほとんど入らないとは言え、私たちの代では最長勤務なので、やっぱりできる限りはしないといけないです。


バイト②では、まだ1ヶ月です。新人です。でも、新人だからってそれはお客さんに関係ありません。

普通の仕事にだいぶ慣れたので、そろそろスピードアップしていかないといけないです。


将来の仕事に関しても、今のままただ「続けている」では状況は動かないです。焦りすぎず、でも焦りながら。



まぁこんな感じで、ほかにも諸々「やらなきゃいけないこと」が増えると予測できます。


それでも、自分がやりたいことを蔑ろにするのは、自分が納得いかないです。

「あーー面白かったー」でまた1年を終わるためには、自分が感じた「面白い」を積み上げていくのが、一番いいと思うのです。

そうしたら、1日1日の自分も面白いし、楽しいと思うのです。 



さあ、若干何言ってるのか、自分でもわからなくなってきました。




上に書いたように、たぶん、去年とは違う忙しさの1年になるのかなあと思ってます。

いっぱいの「やらなきゃいけない」の中で、厳選された「やりたいこと(=面白いと思うこと)」を、ちゃんと「面白い」と思いながらできたらいいのかなぁとおもいました。 


自分の有り余る好奇心を、潰さないで、大事にしてあげたいとおもいます。


「やらなきゃいけない」ことも面白いと思えたら、それが一番いいのかもしれませんが。





こんなかんじです。


まぁとりあえず、

風邪さっさと治せよクズって感じですね、わかってます。


寝ます。





2017年にやりたいこと



はじめましてです。


依炉です。


あけました、おめでとうございます。



2017年は、安定したいですね。


あと、せっかくブログ始めたので続けたいです。



キャスいっぱいしましょう。


文さん2017年初コラボありがとうでした。